Yahooニュースの一覧から特定のキーワードを指定して見たくない記事を非表示にするChromeの拡張機能を作ってみた。

Yahoo!ニュースのとある記事のコメント欄を読んでいたところ、「なんでこんなニュースばかり載せるんだ」「この話題もういい」「見たくないなら見なければいいんだけど、そもそも一覧に載せないでほしい」「加藤紗里というワードをブロックする機能が欲しい」というコメントをみかけました。 なるほど、そんな機能ならもしかしたら割と簡単に作れるかもしれないと思い、初めてChrome拡張機能を作ってみました。 拡張機能を作るにあたり、下記のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました。 Chromeブラウザの拡張機能を作ってみたい初心者向けに開発方法を紹介!【サンプルあり】 Chrome拡張の作り […]

続きを読む

【CSS】文字サイズを画面サイズに合わせて改行位置を保つ方法

スマホの場合は特に、画面のサイズによってテキストの折返しの位置が変わるので、段落以外ではあまり恣意的に改行を入れないのがベターですが、見出し等でデザイン的にどうしても改行位置を保ちたい場面があったりします。 その場合は、文字サイズの指定に、pxやemや%では無く、画面幅を基準に指定できるvwという単位を使うと、改行位置をほぼほぼ保つ事ができます。 サンプルページ 他にも、vminやvmaxといった似たような単位がありますが、基本的にはvwで充分ではないかと思っています。 このvwに指定する数値ですが、上のサンプルページ(GIF画像)の場合、上のvw指定の文字は6.4vw、下のpx指定の文字は2 […]

続きを読む

BracketsのCSSのコードヒント(自動補完)から邪魔な”widows”を消す方法(拡張機能を自作してみた)

自由に好きな拡張機能を入れられたりして大変便利なテキストエディタAdobe Brackets。 その大変便利な機能の中に、CSSのプロパティのコードヒント(自動補完)機能があります。 これがあると無いとで作業スピードが断然違ってくるという程に頼り切っている機能なんですが、 どうしても前々からひっかかっている事がありました。 普段全く使わないwidowsプロパティの存在です。 謎のwidowsプロパティとは真逆で、相当な頻度で使うプロパティの1つにwidthがありますが、 このwidthを記述しようと思い、「wi」と打つと、コードヒントの一番上にwidowsが出てきて邪魔をするわけです。 こちらとしては、「w、i、エンター」でwidthを出したいという希望があるのです。 何故そういう希望があるかというと、元々Codaを使っていたからだと思います。 Codaのコードヒントにはwidowsがそもそも出てこないんですよ。 Coda時代の「w、i、エンター」でwidthを出す動作に慣れてしまっているため、どうしてもこのwidowsを消し去りたいわけです。 少数派かもしれませんが、同じような悩みを抱えている人はいるんじゃないかと予想しています。 このwidows問題、実は解決方法がいくつかあります。  

続きを読む

【JavaScript】スムーススクロールをjQueryを使わずにシンプルに実装する【Vanilla JS】

以前「ページ内リンクのスムーススクロールのベスト(2017年9月現在)な実装を考える」という記事を書いたのですが、 この記事の中では当たり前のようにjQueryを使用していました。 アニメーションさせるならjQueryを使った方が楽、という思い込みから、jQueryを使わないという事を検討すらしていませんでした。 しかし改めて考えてみると、徐々に古いIEに対応しなくて良くなってきた昨今、最近のJavaScriptの便利なメソッドも使えるようになってきているので、実はプレーンなJavaScriptでもシンプルに実装できるんじゃないかと思い、色々と試してみました。 やはりjQueryは便利に作られているなと実感しつつも、機能を絞ればプレーンなJavaScriptでもまあまあシンプルに書ける事がわかりましたので、紹介したいと思います。 IE10以下の動作確認はしていません。

続きを読む

【JavaScript・CSS】スクロールしたらフワッと要素を表示させるスクリプトの使い勝手を良くしてみる

画面をスクロールして、要素が画面内に入ったらフワッと表示させるという、制作者側からしたら見飽きたけどクライアント側からは依然人気の高い例のアレ。 実は簡単に実装できるので、今まではその都度、状況に合わせてCSSとJSを書いていたのですが、 最近になって大体の要望や状況のパターンが掴めてきたので、汎用的なスクリプトを用意して毎回コピペで何とかできないものかと考えてみました。 色々試した所、今まで面倒くさがってjQueryで書いていたんですが、実は普通にJavaScriptで書いた方が簡単という事を知りました。 ですので、プレーンなJavaScript、CSS、HTMLのコードで紹介していきたいと思います。

続きを読む

NexusシリーズからHUAWEI Mate 10 Proに替えて思わぬ落とし穴にハマる

名前も忘れた日本製のスマホ → Nexus 5 → Nexus 5X と、約2年ごとにスマホを買い替えてきたのですが、 日本製のスマホからNexus 5に買い替えた時の感動が大きすぎて、もう一生Nexusシリーズで良いと思っていました。 無駄なものが入りまくりで、不具合が多かった日本製のスマホにストレスを感じまくっていた私にとって、オフィシャルでプレーンで常に最新OSが使えて見た目もシンプルで素敵なNexusシリーズは最高のスマホでした。 しかし、Nexusシリーズが終了し、期待のPixelシリーズも一向に日本で発売されないという悲劇に見舞われ、ついにGoogle公式スマホから卒業しなければい […]

続きを読む

【WordPress】ユーザー毎にテーマを切り替えてテスト用テーマを確認したりする方法【プラグイン無し】

ログインユーザーに別のテーマを適用させる方法と言えば、「Theme Test Drive」というプラグインを使用するのが良く知られてるかと思います。 このプラグインを使用すると、ユーザーの権限毎にテーマを切り替える事が可能になります。 しかし、「権限毎じゃなく、ユーザー毎にテーマを切り替えたい」と思う場面にたまに遭遇します。 例えば、クライアント側が管理者権限のあるアカウントを使用していて、 テストテーマをまずはこちら側だけで確認したい、なんて時があります。 その場合「Theme Test Drive」では思ったようにできません。 今回もその必要が出てきたので、プラグインに頼らず何とか自分でできないものかと思いました。 「Theme Test Drive」の中身を覗いてヒントを貰い、 意外と簡単に実装できましたので、ここに書いておきたいと思います。

続きを読む

ネットワーク環境やブラウザによって画像が勝手に圧縮される現象に遭遇して焦る【IE・Chrome等】

何の変哲もない普通の静的ページをコーディングして、クライアントの環境のIEとChromeで開いた時のみ、ページ内で使用している画像が何故か圧縮されるという現象が起こり、全く経験した事のない現象だったので、大変パニクりました。 最終的な対処法は、.htaccessに一文加えるだけの簡単な作業だったのですが、 とにかく同じ事例を検索するのが難しく、原因を見つけるのに苦労しました。 結果的に、完全な原因はわかっていません。 色々検索すると、Chromeはどうやらデータセーバーというものが関係してそうなしてなさそうな雰囲気なんですが、 IEで画像が圧縮されるという事例が見つからず、 という事はブラウザ […]

続きを読む

【Gulp・Emmet】gulp-sugar-srcsetでimg要素のsrcset属性を楽に書く。さらにEmmetで楽に書く。

HTMLコーディングをしていて、常々面倒だなと思っているのが、画像のRetina対応です。 画像の書き出しについては、Photoshopのアセット機能とOVENという便利なプラグインを使用すれば楽に書き出し作業ができるようになりましたが、 コーディングでimgタグを書く時のsrcsetの記述が非常に面倒に感じていました。 何とか楽に書く方法は無いものかと思い、まずEmmetで探してみた所、img:s と書いて展開すれば、さくっと<img srcset="" src="" alt=""> という状態になるという事はわかりました。 ただ、面倒くさいのはその先の作業で、src属性とsrcset属性にそれぞれパスを書かなければならないのを何とかしたいわけです。 こういうのはGulpのようなタスクランナーが得意だろうと思い探してみた所、良さそうなものを発見しました。 gulp-sugar-srcsetという何とも甘い香りのするプラグインで、srcsetの苦みを軽減できればと思います。

続きを読む

【WordPress】RSSからのアクセスをアナリティクスで判別できるようにする方法【カスタムキャンペーン機能を少し利用】

最近ブログを積極的に更新し始めたのですが、 記事が増えるとやはり見てくれる人も多くなるという事がわかり、少し驚いています。 と言っても、1日に2桁人数ぐらいの話なので、まだまだ低次元の世界観でやっています。 アナリティクスを見てみると、リファラーが(direct)になっているのがわりと多く、 検索以外でどこから人々が来ているのかが分からない状況です。 このブログ用のTwitterアカウントも先日作ったのですが、実質のフォロワーさんはまだ1人もいないような状態で、 Twitterでエゴサーチをしてみても、このブログのURLがツイートされてる感じもありません。 社内の共有ツールやチャットで共有されたりとか、可能性はいくらでもあると思いますので、考えてもきりがないのですが、 1つの可能性として、RSSリーダーからのアクセスというのもあるはずです。 このブログの場合だとRSSの可能性はかなり低いと思うのですが、とりあえずRSSからかどうかを判別できないか調べてみた所、 WordPressの場合、プラグインを使う方法を紹介しているブログが見つかったりしました。 そんな方法もあるのかと思いつつ、でもRSSに載るパーマリンクにパラメータを付ければいいだけでは?と思ったので、 この記事では、functions.phpを編集するやり方で紹介したいと思います。 プラグインでやる方法の方が便利な機能もあるかもしれませんので、場合によってはそちらの方が良いかもしれません。 functions.phpにさくっとコピペして、アナリティクスで単純に見分ける方法でよければ、この記事を参考にしてみてください。 前置きが長くなり、大変申し訳ございませんでした。

続きを読む