【WordPress】ユーザー毎にテーマを切り替えてテスト用テーマを確認したりする方法【プラグイン無し】

ログインユーザーに別のテーマを適用させる方法と言えば、「Theme Test Drive」というプラグインを使用するのが良く知られてるかと思います。 このプラグインを使用すると、ユーザーの権限毎にテーマを切り替える事が可能になります。 しかし、「権限毎じゃなく、ユーザー毎にテーマを切り替えたい」と思う場面にたまに遭遇します。 例えば、クライアント側が管理者権限のあるアカウントを使用していて、 テストテーマをまずはこちら側だけで確認したい、なんて時があります。 その場合「Theme Test Drive」では思ったようにできません。 今回もその必要が出てきたので、プラグインに頼らず何とか自分でできないものかと思いました。 「Theme Test Drive」の中身を覗いてヒントを貰い、 意外と簡単に実装できましたので、ここに書いておきたいと思います。

続きを読む

ネットワーク環境やブラウザによって画像が勝手に圧縮される現象に遭遇して焦る【IE・Chrome等】

何の変哲もない普通の静的ページをコーディングして、クライアントの環境のIEとChromeで開いた時のみ、ページ内で使用している画像が何故か圧縮されるという現象が起こり、全く経験した事のない現象だったので、大変パニクりました。 最終的な対処法は、.htaccessに一文加えるだけの簡単な作業だったのですが、 とにかく同じ事例を検索するのが難しく、原因を見つけるのに苦労しました。 結果的に、完全な原因はわかっていません。 色々検索すると、Chromeはどうやらデータセーバーというものが関係してそうなしてなさそうな雰囲気なんですが、 IEで画像が圧縮されるという事例が見つからず、 という事はブラウザ […]

続きを読む

【Gulp・Emmet】gulp-sugar-srcsetでimg要素のsrcset属性を楽に書く。さらにEmmetで楽に書く。

HTMLコーディングをしていて、常々面倒だなと思っているのが、画像のRetina対応です。 画像の書き出しについては、Photoshopのアセット機能とOVENという便利なプラグインを使用すれば楽に書き出し作業ができるようになりましたが、 コーディングでimgタグを書く時のsrcsetの記述が非常に面倒に感じていました。 何とか楽に書く方法は無いものかと思い、まずEmmetで探してみた所、img:s と書いて展開すれば、さくっと<img srcset="" src="" alt=""> という状態になるという事はわかりました。 ただ、面倒くさいのはその先の作業で、src属性とsrcset属性にそれぞれパスを書かなければならないのを何とかしたいわけです。 こういうのはGulpのようなタスクランナーが得意だろうと思い探してみた所、良さそうなものを発見しました。 gulp-sugar-srcsetという何とも甘い香りのするプラグインで、srcsetの苦みを軽減できればと思います。

続きを読む